第11回「ルーティンを導入して集中力を高めよう(2)」

第10回「ルーティンを導入して集中力を高めよう(1)」の続きです。


自宅でのリモートワークはオフィス勤務より「集中力」の維持・アップが難しく思えます、そこで「ルーティンを導入することで問題解決しよう」というお話の第二弾です!


実体験をベースに、グッと一気に集中する方法を紹介します。


過去の「リモートワーク始めました」シリーズはこちら



シャワー・お風呂


shower

シャワー・お風呂も集中力を上げるのに最適です。


「熱いお湯で交感神経を刺激する」と聴いたことはないでしょうか?


交感神経を刺激することで起き切れていない体を刺激することで、モードを「リラックス」から「仕事」に切り替えられます


私は深いことは考えず「なんとなくスッキリするから」で朝一か昼休みにシャワーを浴びるようにしていました、交感神経を刺激するのに最適な入浴方法を調べてみたところ「41~42℃のお湯に3~5浸かる」のが良いみたいです。


これと関係があるのかはわかりませんが「テレワークプラン」を提供している温泉宿もあるらしいです。誘惑が増えそうだけど利用してみたい…!


軽い運動


yogamat

「体を鍛えると頭脳も鍛えられる」


ジョージア大学で行われた研究では「20分程軽い運動をした後の3-4時間は考察力・集中力・認知能力が向上した」そうです。


これは運動することで脳への血流が増し、思考力が向上するからだそう。


リモートワーク開始前は、出社前にオフィス近くのジムで運動していたので身に覚えがありますね…! ハードトレーニングだと眠くなりますが、軽いラン、軽めのウェイトトレーニング、長めのストレッチをするとばっちり目が冴えて、仕事に集中しやすかったです。


この知見・経験を受け、自宅ではヨガマットを用意し、軽い運動をするようにしています。


よくやるのが腕立て、腹筋、スクワット、プランクです。


どれかを10回を2-3セット、プランクは30秒か1分を2-3セットやります、軽く息切れするか否かくらいの感覚です、運動後に全項目のシャワーを組み合わせた時は「無敵感」がありますね


カフェインを摂取


カフェインには「中枢神経を覚醒させ、疲労や眠気を軽減する」効果がある(らしい)(参照:Wikipedia


私は何も考えず、ただコーヒーが好きだから飲んでいましたが、科学的根拠があります。


コーヒーを沸かすのが私のルーティンの1つになっています。


(妻が購入したものですが…)我が家には「オシャコーヒーセット」があります


coffeeset

朝起きたら細口のドリップポットで湯を沸かし、コーヒー豆、ペーパーフィルター、ドリッパー、サーバー、メジャースプーンを用意、ハンドドリップでコーヒーを淹れ…コーヒーの香りと自分に酔う…この一連の流れをしています。


理にもかなっているし、私が学生時代に思い描いていた妄想もかなっている。またもや一石二鳥のルーティン


コーヒー淹れるのはなんだかんだ時間がかかりますから、その分早く起きなければなりmせん、私もリモートワーク前より10分以上早く起きていて、9時に業務開始にも関わらず、毎日6時には起きています、そして朝ご飯を用意してくれている妻の横でコーヒーを淹れると…


本当にいい気分になれますよ、試してみてください!


小手先の技術より力業「Block Site」


「Block Site」は登録したサイトを閲覧できなくする「力業」のツール


使用方法は簡単、プラグインをダウンロードして対象サイト、時間、閲覧時のアクションを設定してあげるだけ、SNSをついついみてしまう人って「手癖」になっているんですよね、仕事の合間にふと気が付くと手が…無意識でついつい見てしまう。


その「ついつい」を強制的にブッた切れるのが「Block Site」です。


設定後に対象サイトを閲覧しようとすると…


blocksite

ぐぐぐぐ…! まるで「自分を律せない低意識サラリーマン!」とこちらを馬鹿にしているかのように「煽り画像か?」と思わせるページが表示されます、断固として閲覧することが許されません。


「気が付いたら…」「手癖で…」という人はとりあえず導入してみてはどうでしょうか、永遠に見られなくなるわけではなく「9時-18時の間は閲覧不可」という具合に期間指定可能なので安心してください。


終わりに


ユヒーロでは様々な職種・環境の方がリモートワークで働いています。


随時紹介していくので今後ともよろしくお願いいたします